自称晴れ男

新学期が始まった最初の土日には、第45回くにたちさくらフェスティバルがありました。コロナ禍の影響により、一昨年は中止、去年は初のオンラインでの開催でしたが、今年は規模を縮小しながらの実地での開催となりました。

私たち立川青年会議所は、日曜日にモルック体験等のブースを担当する予定でした。快晴の下、初日である土曜日の早朝から準備に集まり、あとは明日を迎えるだけと思っておりましたが、日曜日当日はまさかの雨。

コロナ以外の思わぬ伏兵に抗う術もなく、そのままお祭自体が中止となってしまいました。天候による中止というのが、私の頭からはすっぽりと抜けていたことに対しての驚きと3年ぶりの実地でのお祭の開催残念な思いとともに急によぎる「雨男」説。そんな、まさか自分が!?と狼狽える私を囲む自称「晴れ男」のメンバー達。次の例会や事業で雨が降ったら、いよいよ雨男になるなと冷や冷やしながら例会や各事業に参加しておりました。

そんな中で、開催された東京ブロック協議会の「東京ブロック野球大会」。

2018年の開催以来、天候、コロナ禍によって中止が続いておりましたが、当日は天候にも恵まれ今回4年ぶりに開催されました。私は以前この大会に向けた練習試合に取材と称した参加での経験はありましたが、本大会に参加するのは初めてでした。当日は東大和青年会議所と合同チームを組み、全9チームのトーナメント戦に挑みました。監督からの厚意(忖度)で4番バッターを任せていただいたのですが、私のバットから快音は聞こえてくることはありませんでした。

そもそもバッターボックスに立つことはもちろん、野球自体が初めての経験でしたので非常に緊張しながらも楽しんでプレーすることが出来ました。結果としては2回戦敗退でしたが、猛打を魅せた参加メンバー達は「楽しかった」「練習がしたい」と言いながら今も当日のプレーについて語り合っております。この熱が冷めないうちに今度は今回参加できなかったメンバー達も誘いあわせて練習でも出来たらいいなと思える非常に良い交流の場となりました。

5月はわんぱく相撲に青少年委員会の例会などが控えておりますので、自称「晴れ男」を名乗れるように引き続き例会・事業当日の天候を祈りながら取り組んでいきたいと思います。

公益社団法人立川青年会議所

<事務局>
TEL:042-527-1001(代)
※月~金10:00~15:00(祝祭日、年末年始を除く)
FAX:042-527-6600
〒190-0012
東京都立川市曙町2-38-5 立川ビジネスセンタービル12F