委員会紹介

JAYCEE育成特別委員会

委員長 長澤 潤

委員長 長澤 潤

 ここ近年、各委員会への会員出席率が低下傾向となっており、LOMにとって解決しなくてはならない一つの大きな問題がある。
全会員が地域の発展に向け委員会内で積極的に議論を交わせば、より良い事業が生まれる。全会員で物事に臨めば、一部の会員に偏っている負担も軽減し、活動に楽しさも感じられる。全会員が例会や事業をしっかりとイメージできれば、当日のミスも減らすことができる。全会員が懇親会に揃えば、とても有意義な時間となる。
地域をより良い形へと変えていくJC運動。それに向き合う活き活きとした会員の姿は、各々の成長だけでなく、会員拡大や協力者を増やすことにも繋 がっていくのではないだろうか。2020年度は、そのような理想的な組織になることを目指し、全会員で運動を展開していきたいと考える。
そこで重要になってくるのが、委員会運営のあり方や、JC運動の本質を捉えた事業展開ができるのか。
各委員会で地域の問題を調査し、課題解決に向け全員で議論を重ねられる場を、理事は作らなければならない。また、理事長所信や事業計画、会員一人ひとりの意見を基に事業を構想し、それを具現化する為の議案書作成も大変重要になってくる。
そこで本年は、理事を対象として委員会運営と議案書作成に関する勉強会を開催する。
本勉強会では、各担当事業とは別に仮のテーマを設け、議案書を作成してもらう。そのうえで、各々の案件について質疑応答の時間を設け、正副理事長会議さながらの会議を体験してもらい、事業構築の能力向上を目指す。ま た、会員は勿論のこと、地域を巻き込みながら事業を展開していく為に必要とされる手段についても、出向者とともに考え、すぐに実践し理想的な組織へと成長させる。
新人小委員会発足後は、委員会運営と担当例会の準備が円滑に進められるよう、出向者とともに補助役に徹し、今後活躍できる人材育成に努める。

活動内容

拡大渉外委員会

心機一転~心が変わればLOMが変わる~

委員長 伊藤 克仁

委員長 伊藤 克仁

近年、青年会議所の会員が減少し続けています。原因は様々なことが考えられますが、要因の一つに青年会議所の魅力が感じられなくなってきたところにあると思います。SNSの発展により様々な交流の機会を目の当たりにするようになり、簡単に人との繋がりをもてる時代となりました。今まで通り青年会議所に勧誘していては入会に導くことは難しくなっています。そんな中でメンバーを拡大するには、まず私達の行動を変えていかなければなりません。各委員会に拡大担当を作り、拡大に関する情報の窓口として機能してもらうことで、例会や事業にオブザーバーを連れてくる意識付け、オブザー バーのフォローについても委員会単位でチームとして行ってもらいます。また新人についてはバディ制度を活用したフォローを行いつつ、よりフレッ シュなオブザーバー情報を持っている可能性が高いので、重点的に情報を収集していきます。
立川JCの魅力として、仲間意識の強さが挙げられます。これはOBを含めたメンバーが積み重ねてきた強みであり、この強みを拡大に存分に発揮し、OB、メンバーが交流できる各種同好会においてオブザーバーの情報を収集し立川 JCがチームとして動き、オブザーバー、新入会員に個では伝わりきらない組織としての魅力を発信していきます。青年会議所の運動は実際に入会し経験してみなければわからないこともありますが、人や組織の魅力は本気で話せば相手に伝わります。手法ばかりにとらわれず、まずは拡大に対するメン バーのモチベーションや行動を変えていき、一人ではなく組織で拡大運動をしていくLOMとなるよう仕組みづくりをしていきます。そして、各種渉外事業により多くのメンバーが参加するように他委員会と積極的に交流し、その時々で魅力を発信するとともに、渉外事業を通して、JCのスケールメリットを感じてもらい、更なる拡大の意識向上を図るように運動展開していきま す。

活動内容

Global委員会

No one will be left behind~心をONE PIECEに~

委員長 片桐 庸行

委員長 片桐 庸行 

  SDGsは世界的な活動として注目を浴びている。我々も2017年度から本格的にSDGsの推進に取り組み、地域やメンバーヘの発信に努めてきたが、地域の認知度や活動はまだ十分とは言えない。行政や企業はSDGsという言葉すら知らない人もいる。市民においては尚更である。我々は持続可能なまちづくりをし、地域の末来を守るためSDGsを地域に広める運動をしていかなければならない。
これを達成するためにSDGsの取り組みが進んでいる地域の企業と行政・諸団体の講師を招き取り組みを伝え、実際に活動してもらうための例会を行 う。身近で出来ること、事業に取り入れるメリット、官民連携して行うことでのメリット、意義を伝え、取り組み企業の増加に繋げる。また、行政に対してSDGsの基礎や事例を伝える事業も行う。行政自身で設え、動員を行ってもらい、SDGsの取り組み事例や世界の活動を共有し、行政内の意識の変革に繋げ、市政に取り入れるとともに地域の事業に取り入れていくサポートを行う。情報共有を行うことで、より綿密に事業に落とし込んでいく。そして、市民ヘの発信のため官民連携を図り、SDGsの大切さを伝える例会を行う。行政・企業・諸団体と協力して作り上げることで、そのノウハウを伝えてい き、各々が自ら取り組んでいくことができるよう参考にしてもらう。また、著名人を講師に招き、広く市民に向けて発信することで市民の関心を高め、地域全体がSDGsを自ら取り組んでいける地盤になるような例会にする。
この運動を通してSDGsを地域に伝播し、世界の問題を地域の問題として取り組めるまちづくりを行う。
また、学生の海外留学を支援し、国際的な視野を持った末来のリーダーを育成するサンバーナディノ姉妹市委員会交流事業に参画するにあたり、地域の国際化に向けてその経験を活用するために、全メンバーが当交流事業に心を寄せることを目指す。

活動内容

青少年委員会

一緒に:)自分でも知らなかった感性をみにつけよう!!

委員長 苅田 直樹

委員長 苅田 直樹

 子供達は家族や友人、学校、地域社会から刺激を受け、自分なりに感じ取ることで感性が少しずつ磨かれていきます。他者とのコミュニケーションが複雑化する現代、子供達には表現力が乏しいと思われる現状があります。例えば「最低限の文節しか話せない。」「集団に馴染めない。」「感情をあまり表にだせない。」と表現力が乏しいと、社会性や協調性といった他者と行動を共にする能力が十分に身に付いていきません。様々な方々と触れ合いコ ミュニケーションをとることで社会性や協調性を身につけることができま す。
そこで、コミュニケーションをとる上で必要不可欠な表現力を高める機会を提供します。表現力を高めることで自身の考えや感じたことを相手に伝えやすくします。また、想像力を広げ豊かな感性を育むことの大切さも伝えていきます。
年間を通して地域の大人達に向けて、子供達の現状と今後の課題やその課題を改善するための方法について伝えていきます。また、子供達が感じ、考えたことを大切にしてもらい、子供達の将来を考える機会を提供していきま す。そして自分のことだけでなく、相手の立場に立って考える機会も提供します。相手の立場に立って考えることで、相手に伝わりやすい表現方法や、さらに相手がどう感じているのかも含めて学んでもらいます。事業を通して子供達が大人になった際に、どんな末来を想像しているのか、親や地域の方に対して発表します。子供を持つ親には子供への教育意識を変え、地域の方には地域の子供達に関心を持っていただける事業を構築していきます。そして、子供達が社会や誤った情報に流されず、自分の考えや感性を大切にする大人になることを期待します。
これらの事業とともに、地域に移管され、地域主体の事業として開催されるキッズドリームチャレンジでは、実行委員会のサポートを行い地域の子供達のために運動を発信していきます。

活動内容

3市まちづくり委員会

Raise Your HandsInspire the Tachikawa pride

笹本 佳克

委員長 笹本 佳克

  3市まちづくり委員会では地域に所属する団体の一員として、各地域に根付いているお祭りや継続事業を通じて市民・行政・諸団体との関係強化を図り、より良い地域を作るために協力し合いながら歩んでいきます。
メンバーの部会事業の参加率の低さ、少ない会員数による部会事業運営の危惧を解消するために部会事業の認知、情報共有の一環として立川青年会議所として出向している各諸団体や実行委員会の紹介、事業内容を出向者だけでなく、メンバー全員が共有でき、各部会事業への動員に繋げられるような例会にしたいと考えています。
各諸団体や実行委員会に参画した際に立川青年会議所として求められていることから課題を抽出し事業展開し、その準備や運営時において挙がった情 報、要望や取り組んで成果が得られたものを基に、今後の立川青年会議所が各部会事業に対しての「あり方」について言及していきます。
3市まちづくり委員会が先導として各部会事業を全力でフォローする姿を見せることで、各部会が3市で隔てるのではなく、3市を一体としてメンバー全員で運動が出来るように全委員会へのフォローアップを重視し、一人ひとりが助け合いの気持ちを持つことで、思いやりのある心や、より深い絆を醸成しながら全委員会すべての事業に対して3市まちづくり委員会がフォロー
し、横のつながりの強化を図ります。
また、各諸団体との交流を図りながら、これから地域貢献を考えている諸団体の方々や個人の方に各諸団体や実行委員会への参加、協力を促していくとともに、交流を通じて得られた人脈からメンバー拡大も視野に入れます。積極的に地域貢献に参加している方々に声をかけ、地域の担い手として、また立川青年会議所の担い手として委員会全体で拡大を意識し、魅力溢れ興味を持っていただけるように一丸となって事業を成し遂げられる委員会、部会運営をしていきます。

活動内容

立川部会

立川部会2.0地域とともに、次の「部会」へ

部会長 山根 謙生

部会長 山根 謙生

 青年会議所内をはじめ、今では世間一般でも多くの人々が認知している
「SDGs」。なぜここまで多くの人々に短期間で知れ渡ったのでしょうか。 様々な仕掛けがあるとは思いますが、その根本は「多くの人々が同じ目的に向かって手を取り合った」からだと考えます。そしてこれは、我々が行う地域での運動にも同じことが言えるのではないでしょうか。これまで我々は 脈々と地域との関係性を築いてきましたが、社会課題ともなっている「持続可能なまちづくり」の実現に寄与するためには、更に広く深く、地域の各団体と手を取り合う必要があります。「第32回わんばく相撲大会場所」では、実行委員会の設宣を見据え、前段階として、様々な交流を通じて地域の方から候補者メンバーを集め、運営に関わってもらえるように声掛けをし、地域を巻き込んだ形での運営ノウハウの蓄積を図ります。「よいと祭り」「たちかわ楽市」では、SDGsを意識した企画と運営により、例年より多くの地域との交流を図ります。各継続事業を、より地域を巻き込んだものに進化させ、地域事業にも積極的に参加することで、地域全体との新しい交流が生まれます。また、これらの活動は会員拡大にも直接的な繋がりがあります。地域と広く交流し貢献することで、真に地域を想い行動する人材との出会いが生まれ、惹きつける要因になるのです。更に、これらをおこなうには宣川青年会議所内部での意識改革も必要です。私は、部会とは地域との関わりの場である前に、委員会を超えたメンバー同士の関わりの場であると思っておりま す。以前まで部会は「メンバーの憩いの場」であったと聞いています。そのスタンスを大切にしつつ、委員会を超えた場だからこそ可能なメンバー同士の一体感ー「絆」を生み、会全体の「心」を一つにできるような部会を、3市部会一体となって運営していきます。

活動内容

国立部会

集え!一生、部会します

部会長 笹本 佳克

部会長 笹本 佳克

 国立部会では地域に所属する団体の一員として、地域に基づいたイベントや継続事業を通じて市民・行政・諸団体との関係強化を図り、より良い地域を作るためにともに歩んでいきます。
将来の担い手である子供たちに他者への思いやりを学べる場として今年で5回目となる「わんぱく相撲国立場所」を行い「心身の鍛錬」と「健康の増 進」、そして社会生活に必要な徳性の涵養の場を与える機会を提供するために、国立市民や関係諸団体と連携を図り、地域を巻き込みながら本事業が国立を代表する青少年育成事業として根付かせられるように努力いたします。また、国立市には立川青年会議所の諸先輩方が関わってきた「塞の神どんど焼き」、「さくらフェスティバル」など数々の事業があり、これらの継続事業に国立部会メンバーが一丸となり積極的に取り組んでまいります。
前年度に盛り上がりを見せた国立部会をさらに燃え上がらせるべく、前年度部会スタッフからの着実な引継ぎを行い、国立部会内の結束力を更に高めるためにも今年度他市から異動してきたメンバーに対して地域の特性、継続事業構築のノウハウを継承しながら、国立部会メンバー全員でより国立を知 り、より国立に愛着を感じ、国立部会メンバー同士も互いに思いやりのある心、より深い絆を醸成させ、今以上に国立を誇りに思えるような部会運営を目指します。
また、各諸団体との交流を通じて得られた人脈を拡大に繋げられるような視野に持ち、積極的に地域貢献に参加している方々に声をかけ、地域の担い手として、また立川青年会議所の担い手として部会全体で拡大を意識し行動していきます。メンバーから様々な魅力が溢れ、多くの方々に興味を持っていただけるようにするために、部会メンバーが活き活きとし、一丸となって事業を成し遂げられる部会運営をしていきます。

活動内容

武蔵村山部会

First step~地域とともに進む、新しい一歩を~

部会長 杉本 崇

部会長 杉本 崇

 武蔵村山部会の目標として、部会だからこそ、地域に根差した地域の一員という目線で、地域に必要とされる団体を目指します。その為には、地域での声を汲み上げるべく、今まで以上に地域の方々、他団体との交流を意識し、より良い地域を作るために各諸団体との連携を強化しながらともに歩んでいきたいます。
武蔵村山部会は、行政・小学校・幼椎園・認可保育所と協働して取り組んでいる「第12回村山っ子相撲大会わんばく場所」や継続的に参画している、
「第15回デエダラまつり」の開催を中心に運動を展開していきます。スポーツ推進計画を掲げている武蔵村山市とともに開催する村山っ子相撲大会わんばく場所は他の市とは違い、行政が主導でおこなっています。立川青年会議所として、地域事業への積極的な参画をし、他団体や地域との交流を深め、武蔵村山市の地域事業において立川青年会議所の存在価値を高めていきま す。そして、行政との共同開催の利点を活かし、行政や各小学校の先生方も巻き込み、武蔵村山市内全体が盛り上がる事業にしていきます。
デエダラまつりへの参画では、末来を担う子供達への体験の場として、地域の方々の交流の場を提供し、デエダラまつりの成功はもちろん、武蔵村山市の地域振興と発展の一躍を担う団体として、立川青年会議所の存在価値を高めます。
武蔵村山部会として、広域LOMの産物である「部会」という組織構成を活かし、地域同士の連携を意識しつつ、地域密着性と結束を高め、人材の発掘にも力を入れ、拡大に寄与し、立川青年会議所内においても、必要とされる武蔵村山部会となることを目指します。
武蔵村山市という1地域において、継続事業を通して、市民・行政・諸団体との交流、関係性の強化をさらに進め、立川青年会議所と地域を繋ぐ架け橋として、横断的な連携を高め、地域の方々に必要とされる武蔵村山部会を構築していきます。

活動内容

総務広報委員会

凡事徹底~心通うTEAMを目指して~

委員長 三浦 剛

委員長 三浦 剛

 LOMメンバーの例会・各種事業の出席率低下に伴う、一体感の欠如が今の立川青年会議所の大きな課題と考えます。またどんなに魅力のある事業を行えても、多くの人々に知ってもらえなければ意味がありません。
LOMの一体感の醸成は理事メンバーを中心に行っていく中で、総務広報委員会としては1年間を通し、会務運営や理事会議の設営など、日々の運動を裏方として支えるとともに、広報活動でも広く多くの人々に立川青年会議所の運動を知ってもらえるような情報発信をしていきたいと考えています。
1月の新年賀詞交歓会では、理事長所信・スローガンを発信するととも に、地域企業、行政、諸団体をはじめ、先輩方や他LOMの同志に常日頃の感謝の意を表し、LOMメンバーにおいては一体感が醸成できる会とします。
また広報面では、一人でも多くの方々に立川青年会議所を知ってもらうために、SNSの活用と、報道機関との連携強化に注力し、立川青年会議所の魅力ある活動を発信していきます。特に前者においては、企業・団体の情報発信の手段や方法が多様化している現在において、SNS利用の情報発信へ急速にシフトしてきています。各SNSのユーザー特性や文化、習慣を理解した発信を実践し、6月例会ではLOMメンバーへその重要性を伝え、メンバー一人ひとりが広報担当であるということを学んでいただき、より地域に立川青年会議所を発信していきたいと考えております。
12月には卒業式の設えもあります。今までの伝統を受け継ぎ、LOMを支えてくれた卒業生たちに「立川青年会議所で活動ができて良かった」と思っていただけるような卒業式を設えたいと考えております。
2020年、心通うTEAMを目指し、そしてより多くの人々に立川青年会議所の魅力ある運動を発信し、地域での存在価値を高めていけると考えます。1年間「凡事徹底」を貫き邁進してまいります。

活動内容

公益社団法人立川青年会議所

<立川JC事務局>
TEL:042-527-1001(代)
※月~金10:00~17:00(祝祭日、年末年始を除く)
FAX:042-527-6600
〒190-0012
東京都立川市曙町2-38-5 立川ビジネスセンタービル12F